アイフル 岡山

借金は返してもらおうと思ってはいけない

借金は返してもらおうと思ってはいけない

 

金貸そうかなまああてにすなひどすぎる借金高校時代に教わった金属のイオン化傾向のおぼえかたです。借金といえばまずこれを思い出します。イオン化傾向のことはすっかり忘れてしまいましたが、この語呂合わせは記憶に刻み付けられています。しばしばお金を貸しました。タバコ代がないといって500円貸し、電車賃がないといっては千円貸しました。学生時代のことです。それで、返ってくるかといえば、滅多に返してくれません。貸して、といわれると、貸そうかな、貸してあげようかと思うのですが、まああてにするな、返って来ないと思ったほうがいい。返さないのはひどいです。借金はひどい。ビートたけしが言っていたことだと思うのですが、漫才ブーム以降、お金を貸してくれと言い寄ってくる人が増えたのだそうです。そんなときは、貸さないというのです。貸さないで、めぐむ。ただし1万貸してくれなら5000円をくれてやる。10万なら1万。このくらいならくれてやっても惜しくないという金額をやる。返してもらおうと期待するのがいけない。それで返してもらなかったら、がっかりする。友達だと思って貸したというのに、返さない。返さないから相手もひけ目を抱えて、次第に疎遠となる。借金を申し込まれたら、返ってくるのをあてにしてはいけない。それくらいならあげてしまう。金貸そうかな、まあ、あてにすな。金を貸すときはそのスタンスでいくように心がけています。

 

あまり前向きではない行為をイメージします。

 

借金は返してもらおうと思ってはいけない

 

企業や国家の借金などについてはわかりませんが、一個人での借金となると、どうしても前向きな明るいイメージは湧いてきません。現状で満足できない、つまり等身大の自分の生活ができない、もしくはやむにやまれぬ理由があってお金を借りることもあるのでしょうが、出来ることなら最後の手段にしたいと個人的には思います。どなたかタレントさんが発言されていた「クレジットカードは魔法のカードではない」という言葉が忘れられません。私もそうですが、お金を借りたりカードでショッピングするというのは、本来自分が手にしていない未来のお金を使っているということなのに、まるで限度額までは自分のお金だという錯覚を覚えます。イメージでは、将来の自分への投資として借金するというのが前向きなもので、等身大の生活が把握できていない、というのがマイナスイメージの借金という気がします。自分への投資と思っていても実は本来の自分の生活レベルにあっていないだけ、という可能性も大だと感じます。いまは審査もスピーディでお金が借りやすく便利な世の中なので、上手に利用して未来の自分への投資と出来れば良いと感じます。