アイフル 岡山

取立てをイメージします

取立てをイメージします

 

借金で思い浮かぶのはなかなか返せずに利子だけが膨らんでいきその利子を返すためだけに悪徳な違法金利の高利貸しからお金を借りどんどん返せなくなっていくようなイメージがあります。また一度借金をしてしまうと癖になってしまい仕事をせずにお金を多方面から借りてしまいそうな気がします。そして最後には怖い暴力団ややくざの方から家に押しかけられて怒鳴られるということを思い浮かべます。なので僕としては借金というのは基本的にしないほうがよいように思えます。また借金をどうしてもしなくてはならないときには利子をしっかりと確認したほうがいいです。利子の分だけ返し元に借りたお金はまったく減っていないなんてことが往々にあるという話をよく聞きます。また怖い業者さんなどから借りると個人情報など後々厄介です。本当は違法金利の場合は返す義務がないのですが、やくざなどがくると警察を呼ぶ以外の方法がなくなってしまいます。自分はこのようなイメージを持っています

 

借金=泥沼

 

取立てをイメージします

 

元銀行員です。借金=泥沼借金の中で一番怖いものはキャッシングだと思う。キャッシングは初めは借りているという感覚があるが、次第に自分のお金のように感じ始め、借りるから自分のお金を下ろすに変わる。日々の生活でキャッシングの枠がこれだけあるから今月は大丈夫と自分の収入にキャッシングの枠を計算に入れてしまうともう泥沼だ。返しては借り、枠が限度枠になったら、また新しいところから借りる。一方を返済するために他のところから借りる。こうなってしまうとどうしていいかわからなくなる。わからないからまた借りてその場をやり過ごす。こうしているうちに収入の大半が返済に回ることになる。これはキャッシングのことであるが、本来借金とは家を買う、車を買う、教育資金に使うなどしっかりとした目的があり、そのために使うものであると思う。ただ、日々の生活が苦しいから、ギャンブルに使いたいからといった理由で使うものではない。借りるからには必ず返さなくてはいけない。本当に借金しなくてはいけないのか、返済はできるのかよく考えたうえで借りたいものである。