アイフル 岡山

将来への見通しが試される。

将来への見通しが試される。

 

住宅ローンや奨学金を含めると、世の中で借金をしている人はとても多いと思います。しかしながら、どのように呼ばれていようとも、借金は借金です。奨学金を借りる場合も、将来返せばいいや!と思うからこそ気軽に借りる人もいると思います。消費者金融やカードローンも、将来何とかなるという甘い見通しから手を出してしまうのかなと思います。緊急の場合はやむを得ないとはいえ、やはり手元にある程度の資産や現金があってから消費やモノの購入を行うのが本来の姿なので、借金は、近い将来の確実な収入の見通しがなければ、するべきではないと思います。もちろん、事業を始める場合には、銀行からお金を借りることはあると思いますが、その場合でも担保が無ければ基本的には貸しませんし、ベンチャーキャピタルは経営者の人や将来ビジョンを見て貸します。一方、消費者金融は、ハードルが低いです。しかし、金利が高く、将来の消費に確実に影響します。先を見通して行動できる人でなければ、借金が人生にネガティブに作用する可能性の方が高いと思います。

 

生活困窮者

 

将来への見通しが試される。

 

よほど困っている人だと思います。周りに、お金を借りることができない人。または、人はいるけれど、恥があるので、貸してくれとは言えない人。どんな理由で借金するかは、人それぞれ理由はあるとは思うのですが、普通に生活している人が借金しなくてはならない生活に陥るのは、不幸だと思います。ギャンブル等で借金をする人は、もう、病気だと思います。現在の日本では、お年寄りが年金だけでは生活できずに、借金を繰り返し、その返済に追われるということもあるようなので、そうならないために若いうちからしっかりと貯蓄すべきではないでしょうか。また、若い時から借金をする人もいるので、借金を返すために働く、でもまた足りなくなるので借金する。悪循環です。過払い金等のCMを見ると、そうやって何年も借金を繰り返し、返している人がいるのだと思い知らされます。趣味や自分を着飾るもののために借金をするのは、間違いだと思います。でも、そういった会社があることで助かっている人たちがいるのも事実なので、難しいです。