アイフル 岡山

計画性さえ持っていれば問題ないと思います

計画性さえ持っていれば問題ないと思います

 

私自身キャッシングや、家族関係以外からの借金の経験はありませんが、携帯電話などの購入時にローンを組んだことはあります。そういったローンの経験などから分かったのは計画性の大事さです。借金は無いに越したことはありませんが、家や車などの大きな買い物をするにはローンは欠かせませんし、その際に現時点での収入と支出を考えるのは不可欠です。そういった点はキャッシングに通じる部分もあると思うのです。どうしてもこのタイミングでなければ、という買い物が必要なことはありますし、病気や怪我などによる予想外の支出や収入減が起こることもあります。そういった時にキャッシングの利用というのは選択肢の一つとしてアリだと思います。
大事なのは、繰り返すようですが「計画性」でしょう。また、借金の返済という形で月々の支出も増えるわけですから、返済が完了するまでは多少の節約も必要となってくるはずです。単なる娯楽のために(ギャンブルはもってのほか)気軽に借金することはあまり関心しませんが、必要なお金を自制心をもって借りる分には問題がないと思います。

 

借金をする人=だらしがない人

 

計画性さえ持っていれば問題ないと思います

 

私自身、借金をしたことがないので、借金をする人は尊敬できないし、信頼できません。借金をする人は、私から見ればただの迷惑者です。大きな買い物をするのに借金をする人は、我慢が足りません。買えるようになるまでお金を貯めてから買えばいいことですし、貯まらないのなら買うのを我慢すべきです生活に困って借金をする人は計画性がないだけです。収入が少ないという人は、努力が足りない。出費が多い人は、頭が悪い。言い方が悪いかもしれませんが、正直このようにしか思えません。借金を抱え、それを払えなくなった人はそれなりの罰を受ければいいと思います。最近は過払い金という言葉も聞き、貸した方が悪いようなイメージを持たれていますが、私はそうは思いません。なぜなら、真面目に仕事をして給料をもらっている人がいる中、名前や住所などを書くだけでお金を借りているんですから、利息を払うのは当然です。借りたより多く返すのが嫌なら、最初から借りなければいいんです。中には、真面目に生きてきたけど、どうしても借金しなければならなくなったという人もいるでしょう。でも、そういう人にも同情はしません。もし私が病気になり、治療しなければ死ぬと言われても、借金はしません。自分の貯金が尽きてどうしようもなくなったら、諦めるだけです。消費者金融には悪いイメージは持っていません。自己中心的な人に親切にもお金を貸してあげているのですから。